会社に原因!?うつ病の社員に接する専門的な人

会社でも注目されているうつ病

社会人がうつ病になることも多いです。その引き金が会社にある限りは、出社して働いていても改善される可能性が低くなります。そのために会社を休職して、治療に専念することを病院からも勧められることも多くなっています。またそのような状況に部下があることを上司がいち早く気付くために、最近ではライン職や人事専門職者向けにメンタルヘルスに関する研修や講習が多くおこなわれていて、その資格試験も行われているほど注目されている病のひとつです。

うつ病の人への接し方

会社に原因がある場合には、その人が働いている部署や人間関係等について本人からヒヤリングをおこなったり、周囲に社員や上司に状況を確認することになります。また本人からもヒヤリングすることも大切ですが、本人からの話については否定することなく、すべてを受け止める姿勢で臨むことが大切です。うつ病の場合には心も弱っているために否定することでダメージを受け、また心を閉ざし、病状を悪化させる原因にもなるために注意が必要です。

うつ病の社員を社外の専門の人に任せる

場合によっては治療中に本人と接触する人を社外に求める企業も多いです。そのような症状の患者に対し専門的に対応する人であって、かつ回復するためにいろいろと中立的な立場でアドバイスをくれます。うつ病の人の多くは何もしたくない、やる気が起きないという人が多いですが、そのような人とのかかわりあいの中で、日々の日記のようなものを作成したり、また以前興味があったことに再度興味を持ち出したり、意欲的に取り組むようになる人も多いです。

病院に行く前にうつの診断を自己チェックすることが出来ます。心理テスト形式で質問に答えていき。丸がいくつ付いたかで診断できる簡単なものです。